02/28/2021アーカイブ

過去の減量

私は過去、大幅なダイエットに成功しました。http://www.birmanieresponsable.com/

ある意味、成功しすぎて、痩せすぎで周りにとても心配されました。

ダイエットに執着しすぎていて、食事も取らなかったり、食べた以上に運動をしたり、極度なカロリー制限をしたりしました。

好きな服も着れるようになったし、腫れぼったかったまぶたも二重になったりしたので、化粧も楽しくなりました。

けれどあまり痩せすぎてしまって、今度は逆にボトムスのウエストが合う服がなく、痩せすぎに気付きました。

そしてダイエットしすぎたことに後悔しました。

今となって考えてみると、太っている人も痩せている人もそれなりに違う悩みがあり、普通が一番だと思いました。

それは拒食症になりかけた私が思ったことです。

人は自分のないものを欲しがります。

太っていようが痩せていようが容姿に不満はあると思います。

一番自分にとってアクティブに活動できて、健康でいられる。

それが一番の理想の体であり、スタイルだと思います。

気になる部分を引き締めたいとか、ここがもう少しふっくらしていたらとか、もう少し体重があれば疲労も減るんじゃないか、痩せていたら体の痛みが軽減出来るのではないか。

基準を決めるのは自分だと思いますが、健康でいられる。それが一番の理想の姿だと思います。

30代で変わった肌悩み

20代前半からスキンケアにはこだわっているつもりで、百貨店の有名化粧品や自分で勉強して選んだオーガニックスキンケアを使っていました。http://www.lebelairhotels.com/

ただ、当時は肌悩みは多少あったものの、肌がきれいと褒められることもあり、現状維持のためのスキンケアを頑張っていました。ところが本当に30代になったころから今まで気にならなかった肌悩みが出てきてしまいました。

まず、ホウレイ線が深くなってきたこと。ホウレイ線が深くなってきたのかほほの肉が垂れ下がってきたのか…どちらもあるとは思いますが、40代50代の芸能人をテレビで見るたび自分の頬のたるみと比べてしまいます。今この調子だと40歳になったらどうなってしまうのかと今からとても心配しています。

リフトアップやしわ改善のスキンケアを使ってみてはいますが劇的に変わることはもちろんありません。マッサージや定期的なエステが必要なのでしょうか。

そして、もうひとつ大きな肌悩みは眉間とおでこのシワです。目を細めたり横向きに寝ているのが原因なのでしょうか。特に眉間のシワは保湿やスキンケアでどうにかなりそうな簡単なものではなさそうです。現在のコロナ禍でエステに行くのもどうなのかという状況でセルフケアはできるだけしようと思ってはいますが、日々マッサージを習慣に行うことも難しく。悩みはいつまでも尽きません。

“食べるだけで痩せる“は信用しない

30歳を過ぎてからお腹周り、顔に脂肪がつき始めてきた為ダイエットを決意しました。http://www.naniwabook.info/

当方学生時代から運動をするタイプではなかったた為、ダイエットを始めた手の頃は低糖質の商品を選んで食べるようにしたり、毎食の白米の量を減らしキャベツを多く食べるなどから始めました。しかし体重は一時には落ちれど体脂肪、体つきそのものには変化がなく食事制限をやめてしまえば体重は元通り、さらには体脂肪率はむしろ増えるなど、当初の目標であった見た目を変えることも叶わず挫折しました。

 このままではダメだと、なぜ今回のダイエットが失敗してしまっったのかを振り返り、まずはダイエット、ボディメイクに必要な正しい知識を身につけることから始めました。

最近では、動画、ブログ等でそのような知識を簡単に多く入手することができます。

 しかし、ここでも罠があり、たとえばランニングはダイエット目的では不要・必要など調べれば調べるほど正反対の意見があったりと混乱してしまいます。

その原因はその情報を発信している人がどのような人(ボディビルダー向け、高体重向け等)に向けての情報なのかを理解していなかった為でした。なので自分の体型、運動経験等にあった情報を提供してくれている人の言っていることを実践しようと考え、食べたカロリーよりも多くの消費カロリーにするために運動するという大前提を軸にダイエットを行い、ダイエットを見直してからの二ヶ月で体脂肪率22%→20%落とすことに成功し見た目にも少し太ももに筋肉がついて来たかなと実感できるようになりました。

冬の乾燥肌について

この寒い冬の時期は、空気が乾燥していて、どうしても人間の体が乾燥してしまいます。特に、露出している人体部分、【手】についてお話します。日常生活で、食事、トイレ、etcなど水で手洗い後

http://ippitsukan-column.com/

、タオルなどで、しっかり手を拭くが基本ですが、もし、それを怠ると、その部分に水分が残り、空気と接触して、乾燥し、皮(肌)が裂けきて、割れてきます。そうすると痛く感じます。それを保護する為に、ハンドクリームを使用します。

このハンドクリームは、【花王】から販売されている【ニベアクリーム(スキンケアクリーム)】があります。このニベアクリームの成分は、人間の皮脂膜を補う役目を果たし、素肌になじみやすく、浸透しやすくなります。使用方法は、一回分の目安は、中身のクリームを指などを使って、取り出し、両手全体にクリームが行き渡り、馴染むように塗ります。

後は、そのままの状態にしておくと良いです。又、ハンドクリームの1日の使用回数ですが、毎回、水洗い後、ハンドクリームを塗る必要はなく、手が乾燥してきたら、その都度、再度ハンドクリームを塗るように心掛けます。私は冬の時期は、あまり外出しません。外出時は、食事、トイレ、etcなど水で手洗い後、しっかりと

タオルで拭き、その後、出来る限り、ハンドクリームを塗る事を心掛けています。それによって、寒い冬から、人間の露出している手などを乾燥から守る事が出来ます。

薄毛が気になる。。。

20代後半から頭の上が薄くなっていたのは気付いてました。。。。

でもまだ若いからとケアをせずにいたら、さらに悪化してしまったのです。

フッサ育毛剤

30代前半では危機を感じ、サクセスなどの育毛剤を使用してみたが効果がなく、今にいたるのです。
悪化はしていないけど、増える事はないという。。。「とほほ(泣)」

薄毛になり、会社でも突っ込まれないかいつも気になってるし、
それに加えて妻には、ハゲハゲと言われ、子供は小さいからまで気付かないけど、
子供が大きくなったらPTAに参加したいけど、子供が馬鹿にされるのでないかと心配です。。。
現在、かなり悩み中なのです。

って妻そこ気づかいしてくれ!!

薄毛を隠すものがあるので、それを利用してPTAなどに出席しようかなと考えてますが
一時的なものなので、治療しようか本気で考え中です!!

妻に病院を進められたので、行こうか迷ってますが。薬を頂いて飲むと不妊になりやすい体質になる
噂もあるんですよね。。。

不妊はなりたくないけど、治療もしたい。
これってワガママなんでしょうけど、男って年取ってもそこ気になるですよね

これはどうすれば、いいのか。。。
ブログを見てくれたかた、ぜひ助言をお願いしたいです!!

カサカサの肌とステロイド

・眉毛のかゆみ

・肘・膝裏などの関節のかゆみ

・頭皮のかゆみ

これらが私の肌問題です。

眉毛のかゆみは、「脂漏性湿疹」と診断され、

関節と頭皮のかゆみは「アトピー性皮膚炎」です。

まず、脂漏性湿疹は、毛の生えたところがかゆくなる

湿疹で、夏の汗にかゆくなる原因があるとのことです。

ちょうど診断を受けたのが夏で、前髪が眉毛に当たったりしていたのも

相まって発症してしまいました。

そこで使ったのが、「ロコイド」というステロイド剤です。

ステロイドの中でもとても弱い力のもので、顔などに適しています。

皮膚科の先生の言う通り、

汗をこまめに拭く、肌を清潔にすることを心がけていたら

一か月程度で、眉毛のかゆみはなくなりました。

モイスポイントの効果

次にアトピー性皮膚炎です。

まず、両肘膝の関節がかゆくなりました。

病院に行かず放っておくと、今度は頭皮も荒れてきてしまいました。

さすがに病院に行くと、早く病院に来なかったことを怒られてしまうほど

アトピーが進行していました。

まず肌がカサカサになっているところは、

メサデルムというわりかし強いステロイドを処方され、

カサカサの肌が見る見るうちにつるつるになっていきました。

一か月後病院にまた行くと、つるつるになっても、週一回薬を塗りつづけて、

並行してヒルロイドという有名な保湿剤も塗りつづけるとのことでした。

完治はしていませんが、いったんひどい状態は収まりました。

生え際のみの白髪に悪戦苦闘

私は、全体的には髪の毛が黒々しているのですが、なぜか生え際だけたくさん白髪があります。髪をまとめたり、耳にかけたりするとすごく目立って、一気に老けこみます。かといって、美容院で染めるにしては、白髪の量が少ないし、費用がもったいないと感じます。仕方なく、いつもダウンスタイルで、極力生え際が目立たない髪形をするようにしています。

ボタニカルエアカラーフォームの効果!

それでも、ふと鏡を見ると生え際の白髪が目立つことがあり、ブルーな気分になることも。そこで、しばらくは生え際用の白髪隠しを愛用していました。朝、家を出る前にササっと塗るだけで白髪が目立たなくなります。ですが、こめかみの白髪は生え際が隠し切れなかったり、時間がたつにつれて落ちていたりすることも多くやはり満足はできません。

仕方なく今は、月に一回市販の白髪染めで生え際のみ染めています。二週間ほどすると白髪が目立ち始めますが、それまでの期間はアップスタイルも楽しむことができます。美容院に行くよりもずっと格安なので、今のところは満足しています。
生え際もに白髪は、ストレスや疲れが原因のこともあるそうです。意識的に体を休めたり、頭皮のマッサージをしたりすることで、少しでも白髪が減るといいなと思っています。

男子大学生の肌の悩み

私は、お肌の悩みを抱える男子大学生です。お肌の悩みをいくつか持っています。ライスビギン

一つ目はシミです。私は、小学校の頃から高校までの12年間、野球に打ち込んでいました。毎日ドロドロになりながら、夏の炎天下の中、必死に白球を追いかけていました。毎年、日焼けで真っ黒になっていたため、年々シミが増えてきています。

二つ目はいちご鼻です。この悩みは老若男女問わず、皆が持っている悩みの一つだと思います。私もいちご鼻の黒いぶつぶつに悩まされています。押し出すと、毛穴が開いて逆効果だと聞き、これといった対策がなく困っています。最近では、ロゼットのゴマージュというピューリングジェルを使ってケアをしています。洗顔の後に使用すると、肌がいつもよりスベスベになったように感じます。

三つ目は乾燥です。少し前までは顔の感想に悩んでいたのですが、化粧水と乳液によるケアで随分と良くなりました。今は、足の乾燥に悩まされています。スネと踵の乾燥が特にひどいです。スネの感想は、スネの毛を処理するようになってから急に現れはじめました。踵は、大学生になった今年から急に現れ、いつぱっくりとひび割れしてもおかしくない状況です。感想の対策はニベアなどのボディクリームを塗ることで良くなるのでしょうか。これから試していきたいと思います。

30代・・・お肌の変化が怖い。

30代に突入して早数年。ととのうみすとを辛口評価!購入して使用した効果と私の口コミ!

20代までは、お肌が強かったのかキメも細かく、『日焼けしても大丈夫ー』って感じの自分で、そんない値段の高くないプチプラの化粧水でも、ある程度の美白も保ってました。

なのに、30代に入ってから、恐怖の『あれ?こんなところに見たことの無いシミが!!』問題が出てきたのです。

それに、なんだかお肌が黒くなった?気がします。

30代入ってすぐの頃は、20代の時から使ってたメイク道具や、化粧水を使っていたのですが、年々お肌に合わなくなってきたのか乾燥は酷いし、お風呂上り後、少し化粧水を塗るのが遅くなるだけで、笑ったら頬の辺りがヒリッとします。

本当、自分が砂漠になった感が痛感です。

20代の頃は、最悪、お風呂後に化粧水を塗り忘れてもこんな事無かったのに・・・。

翌日の朝も肌テッカテカな位だったのに。

あの頃のお肌カムバーックって感じです。

それに、メイクをしていてもあの頃との違いが出てきてて、どうしようとアタフタ・・・。

何と、どこのBBクリームを塗っても、小鼻の辺りが痒くなる。

オマケに、粉のファンデーションを塗ったらムラムラに。

よく見たら、毛穴の関係でなのかパウダーが詰まってて、綺麗に塗れてない。

年齢と比例して、化粧品も化粧水もお財布に優しい、安いプチプラのでは無くて少し値段がアップしたのを購入しなくてはいけないのかな?とゲンナリしています。

これから先のお肌が恐怖で堪りません。あの頃のお肌に戻りたいです。

冬の肌荒れを防ぐには

冬になると、乾燥肌の人は特に症状が酷くなります。その為、日頃からスキンケアが大切になってきます。

ラントゥルース

冬の外気は乾燥している上に冷たい風にも当たる事になるので、より皮脂の分泌や角層の水分量が減って、カサカサになってしまいかねません。また、家や会社ではエアコンをかける事が多いので、この風に当たる事も冷たい外気と同じような状態になってしまいます。肌の水分量の減少や皮脂の分泌の低下は、肌のバリア機能が失われてしまい、乾燥肌だけでなく、ニキビなどが出来る原因にもなります。

スキンケアを行うには、洗顔の仕方やその後のケアで使うスキンケア化粧品の選び方が重要です。近年では、肌のタイプ毎にスキンケア化粧品が発売されているので、色々と製品を試していくのが良いでしょう。その中から自分の気に入った物を見つけ出し、継続的に使っていく事で、メーカーが想定した効果を引き出せます。

肌の保湿力を高める事が肌トラブルを予防する一番の方法です。洗顔剤も肌に優しい物を選び、刺激に弱いのであれば、弱酸性の物を選ぶのが良いかもしれません。スクラブ入りの洗顔剤は汚れをしっかりと落とせるのが魅力ですが、肌が弱い人にとっては刺激が強いので、スクラブが入っていない物を選ぶと、肌が過剰に反応する事は減ります。

プロテインを取って満腹中枢を刺激し食べ過ぎ防止!

プロテインと聞くと筋肉ムキムキなボディビルダーが飲んでるイメージが強い人も多いと思います。
ですが痩せるためにはプロテイン=タンパク質は非常に重要です。いつもの食事にプラスしてタンパク質をとることにより満腹感により食べ過ぎを防止できます。

http://www.sienaworkshop.com/

皆さんが普段よく食べるものは炭水化物=糖質で米類や麺類、パンやお菓子などが多いと思います。炭水化物=糖質は分解、吸収が早く腹にたまりにくいためすぐに空腹感があると思います。甘いものは別腹なんてよく言いますがまさにこのことです。
ですが糖質は摂取しすぎると脂肪に変換されおなか周りや二の腕など普段あまり動かさないところにどんどんたまっていきます。

間食や一度の食事で食べ過ぎないようにするには肉類や魚類、卵などに含まれるたんぱく質をとるのがおすすめです!
消化がゆっくりでお腹にたまり、満腹中枢を刺激してくれるため食べ過ぎ防止につながります。
この時に注意したいのが油や脂肪の取りすぎです。脂肪は脂質に直接変換されてしまうので注意が必要です。

僕のおすすめのタンパク質摂取方法はプロテインパウダーです。
水とシェイカーがあれば飲むことができますし最近はおいしいものも出てきているので飲むことはそれほど苦痛ではなくなりました。
摂取方法とタイミングですが、いつもの食事を100としたときにだいたい70ほどに減らします。特に炭水化物や間食を減らします。これでは満腹感がなく物足りなく感じると思います。

ですが食後や間食が欲しくなったタイミングでプロテインをとることによりかなりの満腹感を得ることができます。
またタンパク質には体を作り変える効果もあるので肌がかなりきれいになりました。
よかったら試してみてください。