食べ物で加齢臭対策の方法を紹介します

食べ物で加齢臭対策の方法を紹介します

食べ物での対策を紹介します。活性酸素がたくさん体内にあると、酸化反応が活発化するため、ノネナールを更に活発生させてしまいます。緑黄色野菜をたくさんとるといいです。

ビタミンCや、ビタミンEのサプリメントを摂取するのも効果的です。女性はホルモンバランスを整える効果のあるナッツ類、お豆腐豆乳などの食品も効果があります。季節によって汗のかきかたも違ってくるので臭いの原因になるので注意してください。夏はたくさん汗をかきます。汗腺の動きが活発なので汗はサラサラです。

プルーストクリームを使った効能!

冬は水分の摂取量が減り、汗腺の動きが鈍くなり。冬の汗はべたつきがあり、臭いやすいです。冬の汗の臭いと加齢臭が混じるとかなりの悪臭になります。臭い対策として王道ですが、デオドラントのシートで拭き取ることや、意外と盲点なのが衣服に染み付いたニオイの可能性もあります。そして、食生活だけではなく日々の生活習慣も重要なポイントです。

加齢臭の原因となる活性酸素や過酸化脂質の発生を増やしてしまう、タバコ、アルコールの飲みすぎ、ストレス過多な生活、睡眠不足は避けて、活性酸素だけではなくサプリメントなども活用しながら対策してください。特にタバコは活性酸素を増やすだけではなく、ビタミンCやEを破壊して大量に消費してしまうので、加齢臭や老化が気になる場合は控えると良いでしょう。

mutiko

コメントは受け付けていません。