肌荒れに悩み血液検査をした結果

肌荒れに悩み血液検査をした結果

物心つくころから、自分は肌が弱いのだと感じていました。常時ではないものの、周期的に首もとや腕の柔らかい皮膚がただれるのです。http://olivverthekid.com/

小学生くらいまでは、母が敏感肌専用の化粧水などを買い与えてくれ、本当にいろんなメーカーの製品を試しました。しかし、特段状態が好転するわけでもなく、結局は皮膚科でもらうステロイド薬に頼るほかありませんでした。

そのまま大人になり、決まった就職先でしばらく経ったころ、また首もとと腕、そして新たにお腹まわりまでただれてきました。しかも、いつもより状態が悪く、まるで火傷をしたように赤く腫れてしまったのです。

これはいけない、と思い、あわてて総合病院の皮膚科へ駆け込み、血液検査を申し入れました。快く受諾していただき、一週間後に検査結果を伺いにいきました。

なるべく多くの項目を検査してもらい、花粉の数値も高く出ていたのですが、飛び抜けて基準値を上回るものがありました。アルファベットの省略語だったのですが、先生にきいたところ、なんと『ストレス』だったのです。血液検査の数値として出ることに驚きました。そして、環境の変化が肌に出る体質なのだとわかって、なんだかスッキリしたことを覚えています。

専門家に相談して情報を得ることは大事なんだ、と改めて実感した出来事でした。

mutiko

コメントは受け付けていません。