肌を洗いすぎるということ

肌を洗いすぎるということ

肌トラブルを引き起こす原因はたくさんあります。まず挙げられるのは、肌を必要以上に洗っていることでしょう。肌を綺麗にするために洗うわけですが、肌も洗いすぎることによってよろしくない事になります。基本的に普通の肌ですと外的な刺激から肌を守ることはそれなりに可能です。

バリア機能がある、ということになるからです。ととのうみすと

ですが肌の洗いすぎによってバリア機能をどんどん失っていくことになります。なんとなくよろしくなさそうな皮脂ですが、これも必要以上に落としてしまうことによって、そうなってしまうことがありますから、これはしっかりと理解して肌トラブルを引き起こしやすい状態を避ける必要性があります。洗いすぎないというのは実際なかなか難しいものでありどのくらいがぴったりなのかというのが結構分からないことが多いです。

あまり強い洗浄力を持つようなクレンジング剤とか洗顔料、石鹸などを選ばないようにするということが重要です。わたしはそうすることによって、最初はなんとなく不安があったのですがかなりしっかりと汚れを落としつつも肌を守るということができるようになりました。それがまずはとても大事なことであり、当然保湿などはやっていましたが洗いすぎないようにはしていました。

mutiko

コメントは受け付けていません。